ホーム > 関税会とは

関税会とは-関税会のご紹介

間税会とは、
消費税を中心とした間接税の納税者で組織する団体です。

(注)間接税とは、消費税、酒税、たばこ税、揮発油税、石油税、石油ガス税のように、納税者と担税者が異なる税で、この税金分は通常、取引価格に上乗せされています。

間税会とは、
間接税についての知識を習得し、自主的な申告納税体制の確立を通して、円滑な税務運営に協力しています。

間税会とは、
会員企業の健全な発展に寄与するために、いろいろの情報を提供するとともに、会員間の交流を図っています。

間税会とは、
会員以外の方にも参考になる消費税などについての情報を提供しています。

間税会とは、
次のことを目的として活動しています。

  1. 会員企業の発展
  2. 税務知識の習得と普及
  3. 税務行政への協力

間税会とは、
次のような役割と使命を担っています。

  1. 会員企業の立場で、税制及び税務執行の改善のための提言と国税当局とのパイプ役となります。
  2. 会員企業にとって必要な税務や経営のための情報を提供します。
  3. 会員相互の連帯と協調を図り、企業の発展と会員の福利厚生に寄与します。
■間税会の活動
間税会はこのような活動をしています。
■税制に関する提言
平成24年度税制及び税務執行に関する意見・要望につきましては、平成23年9月に「平成24年度税制及び執行に関する要望書(間接税関係)」を財務省、国税庁等の関係諸官に提出し、その実現方を要請しました。
■消費税等に関するアンケート調査の実施
全間連では、消費税等に関する会員の意見や要望を税制提言に反映させるため、毎年4月に、「消費税等に関するアンケート調査」を実施しています。
■海外税制視察
全間連では、海外の消費税(付加価値税)の制度や実施状況を調査するために、1975年(昭和50年)にヨーロッパ主要国(ベルギー・ドイツ・イタリア・フランス・イギリス)に税制調査団を派遣したのを始めとして、平成20年7月までに第14次の視察団を派遣しました。
■消費税完納運動
全間連では、他の税目に比べて消費税の滞納が多いことを踏まえ、消費税の完納運動・期限内納付運動を推進しています。
■間税会の新キャッチフレーズの決定
間税会のキャッチフレーズ「消費税正しく育てる 間税会」に代わる新しいキャッチフレーズが決まりました。
■平成24年の叙勲・納税功労表彰受彰者
多くの会員が、平成24年の叙勲・納税功労表彰を受彰されました。
このページの先頭へ